ジャズ入門最新の記事

日本のジャズ

「ジャズ」というジャンルで有名になった日本人の一人に、井田一郎がいる。彼は4人編成のジャズバンド「ラフィング・スター・ジャズ・バンド」を大正末期に結成した。
日本でのジャズは、当初は純粋な音楽というよりは、むしろダンスミュージックとして人気が出て発展していったものだった。

ジャズが日本で音楽のジャンルとして開花したのは1919~20年(大正8~9年)の頃である。ジャズバンドが大学などで誕生したのもこのすぐ後である。

ジャズが日本で浸透し始めた頃に、井田らのバンドがブレイクしたのである。

ジャズは日本の敗戦後に一気にアメリカから入ってきて、スウィング、ビバップ、モダン・ジャズなどが人気となっていった。

その後ジャズで活躍する日本人も多く誕生し、ブームがたびたび沸き起こっている。

ジャズ入門について

ジャズは誕生してからも多くのスタイルがあり、各々が更に分かれて発展したため、実はジャズの歴史は一様ではない。
カテゴリー
更新履歴
日本のジャズ(2009年5月27日)
ジャズ(2009年5月27日)
ジャズの種類(2009年5月27日)
ジャズの歴史――ジャズとは心の叫びを歌った音楽(2009年5月27日)
ジャズのアーティストたち(2009年5月27日)